無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第204話

🍀
ーあなたsideー







ライブ終盤、挨拶の時間になった。













オッパたちが挨拶をしていき、ついに私の番がきた。











ピカッ

スポットライトが私にあたる。









あなた
あなた
army〜!
army
きゃー!
army
あなたちゃーん!












オッパたちが心配そうに見守ってくれてる。















よし、もう大丈夫。言おう。











あなた
あなた
実は、今日。
armyのみなさんにお話があります!
















next.