無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第189話

🍀
ージョングクsideー








部屋に入ると、ヒョンたちがいた。






ジン
ジン
おかえりグガ
ジョングク
ジョングク
ヌナは?
ホソク
ホソク
もう夜中だから帰ってもらったよ
ユンギ
ユンギ
もう、切っていいぞ…?







そう言われて、ポケットから携帯を出し、

電話を切るボタンを押した。






ナムジュン
ナムジュン
ごめんな…グガ
こんなこと頼んで







あなたを探しに行く前、ナムジュニヒョンに


内緒で電話を繋げておいてほしいと頼まれた。








ホソク
ホソク
とりあえず、あなたの気持ちが聞けたから
ジン
ジン
あとはヒョンたちがなんとかする
ナムジュン
ナムジュン
グガも…ありがとな
ユンギ
ユンギ
グガも疲れただろ…?
後は俺たちに任せて寝な
ジョングク
ジョングク
はい…













そして僕が部屋から出ようとしたとき











ジン
ジン
グガ!
ジン
ジン
俺が弟たちもあなたも守るからね
ジン
ジン
何も心配しなくていいよ😊











僕はまだ解散の話やあなたのことが不安で










ジョングク
ジョングク
おやすみなさい…









これしか言えなかった。












next.