無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

絡まった糸
ーユンギsideー







まだメンバーは納得いっていないようだったが

とりあえず俺たちは宿舎に帰ることにした。






事務所の廊下を荷物を持って歩いていると

マネージャーに止められた。

ユンギ
ユンギ
どーしたんですか?
ユナ
ユナ
ねぇ、ユンギはあなたのこと
どー思ってる?
ユンギ
ユンギ
まだはっきりはわからないです。
でも、
今までの女達とは何か違う気がする
ユナ
ユナ
そう。
あのね、実は…







"あの子は…あなたは、、、反韓。
          
            しかも対人恐怖症なのよ''



ユンギ
ユンギ
!!





俺は驚いた。







実は俺も対人恐怖症になったことがあった。






人が怖いのに、これから男7人がいる宿舎で

生活できるのか?



それに、反韓…






あいつには何があったんだ?





練習室から逃げ出した理由と関係あるのだろうか。
















next.