無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第211話

🍀
ーユンギsideー










p.m.18.00









ジン
ジン
今日の晩御飯何がいいー?










ジンヒョンがリビングから叫んでる←









クオズ
クオズ
お肉ー!!
ジョングク
ジョングク
ヤンコチ!










マンネラインがそれぞれすきなものを叫んでるㅎ














ガチャッ🚪
リビングのドアが開いて、あなたが玄関に向かった。











ユンギ
ユンギ
あなた!どこか行くのか?
あなた
あなた
あー、うんㅎㅎ
ジン
ジン
オッパが車で送って行こうか?
あなた
あなた
近いから大丈夫!😊











近い…ってことは、、もしかして海に行くのか?










ユンギ
ユンギ
海に行くのか?
あなた
あなた
うん…ㅎ








やっぱり。










あなた
あなた
ユウからの手紙…読みに行こうかなって
あなた
あなた
私がユウとの思い出を心の奥に隠したのは全部海だったから…
あなた
あなた
今日、海で手紙を読んだら…
もう明日からは泣かない、前に進む。














あなたなりの、、自分への…そしてユウさんへの、、
けじめのつもりなんだろう。














next.