無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第181話

🍀
ージョングクsideー








あなたを見つめながらヌナの話を思い出していた。










あなたは今まで1人で耐えていたんだ。








ジョングク
ジョングク
あなた…







ギュッ





あなた
あなた
…ッ…グスッ…








抱きしめても、何も言わず泣き続けている。








このまま泣き続けたらほんとに壊れちゃうよ…







ジョングク
ジョングク
あなた…!
ジョングク
ジョングク
あなた!!









無理やり目を合わせた。








あなた
あなた
ジョングク…さん…?








まるで今気づいたようなあなた。










僕が呼ぶまで、きっとユウさんのことを考えて


僕のことなんて気づいてなかったんだ。










あなた
あなた
どうしてここに…
ジョングク
ジョングク
あなた…










あなたの持ってた写真が地面に落ちて











そのまま燃え尽きてしまった。













next.