無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第206話

🍀
ーあなたsideー








私が話そうとすると、オッパたちが泣いてしまった。












オッパたち、泣かないで…。












あなた
あなた
army!まずは、ライブに来てくれてありがとうございました!
あなた
あなた
実は、私はarmyに言わなきゃいけないことがあります。
army
なにー?
army
みんなが泣いてるのと関係あるのかな…
あなた
あなた
私は、今まで皆さんに、"ありがとう"と感謝の言葉は伝えてきましたが、
"愛してます"とは言えませんでした。

















そしてarmyにユウのことを話した。



















1番そばで支えてくれた人を傷つけた。




















何年経ってもそのことを忘れられず前に進めなかった
















あなた
あなた
アイドルになってよかったのかを疑う自分もいて
あなた
あなた
そんな私だから、皆さんに"愛してる"は言っちゃダメなんだと思っていました。

















それを、オッパたちにも隠していた。
















でもオッパたちは、迷ってる私を探し出して、

助けてくれた。












あなた
あなた
メンバーがいなかったら、私は今も笑えてなかったと思います。













ここまで言ったらオッパたちもわかってくれると思ったんだけど…












BTS
BTS
グスッ…ッ











みんなのほうを見ると。

オッパたちはまだ泣いていたㅎㅎ


















next.