無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第213話

🍀
ーあなたsideー








ユンギ
ユンギ
ジンヒョン、今日の晩御飯はバーベキューにしませんか?










え?急にどうしたんだろうオッパ…









ユンギ
ユンギ
海辺のコテージでできるとこあるじゃないですか
ジン
ジン
いいけど、寒くない?
ユンギ
ユンギ
俺たちは着込めばいいし、
マンネたちは、はしゃぐからどうせ途中で暑くなりますよㅎㅎ
ジン
ジン
たしかにㅋㅋ
ジン
ジン
じゃあみんなに言ってくるよㅎㅎ










ジンオッパがリビングへ戻っていった後、









ユンギ
ユンギ
手紙は、後で海に行ったとき読みな?
あなた
あなた
え…でも、、
ユンギ
ユンギ
もう暗いのに1人で外に出すの危ないし
もう1人で泣くのは許さないぞ?













不器用だけど本当は誰よりも優しいオッパ。










あなた
あなた
ありがとう、オッパ☺️
ユンギ
ユンギ
おう












ユンギオッパとリビングへ戻ると、

マンネラインのオッパ達が嬉しそうにはしゃいでいた














next.