無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

☘️
ージミンsideー








あいつが楽屋を出て行ってから






俺はどうしていいかわからず楽屋を飛び出した。






たしか、今日はあと練習だけだよな…






そう思い、ヌナに先に行くと連絡を入れて、






雨の中をただ走った。













next.