無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第142話

🍀
ーあなたsideー









次の日、みんなと顔をあわせるのが嫌で、

朝早めに電車で学校へ行った。







ヨジャ
ヨジャ
また来たんだけどㅋクスクス
ヨジャ
ヨジャ
わざわざわかるように日本語で書いてあげたのにね〜!









はぁ、ウザい。








でも…みんなの悲しそうな顔が頭から離れなくて

ヨジャたちの悪口なんかどーでもよく思えた。










更衣室________




あなた
あなた
は?






体育のために着替えようとすると、体操服がバラバラに切り刻まれていた。





ヨジャ
ヨジャ
クスクス
ヨジャ
ヨジャ
ざまぁㅋ







しかたない、今日は見学しとこう。








てゆうか、体操服どうしよう…








買うしかないよね、、










あなた
あなた
あ…私学費払ったばっかだからお金ない


















next.