無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第149話

🍀
ーユンギsideー







グガがあなたと話しに行って1時間が経った。



テヒョン
テヒョン
グガとあなた、
大丈夫ですかね…










ガチャ🚪


リビングのドアが開いて、グガが入ってきた。




ユンギ
ユンギ
グガ!あなたは…?





グガが後ろを振り向き



ジョングク
ジョングク
あなた?おいで?
大丈夫だから…



グガの後ろには、紙袋を持ったあなたがいた。




あなた
あなた
あの…みなさん、、
その…
ジョングク
ジョングク
ゆっくりでいいからね
ジン
ジン
あなたや?





あなたは少し考えてから、決心したように口を開いた。


















next.