無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第184話

🍀
ージョングクsideー







あれからどれくらい時間が経っただろう。








2人ともただ黙ったまま座っていた。









あなた
あなた
あの…ジョングクさん…
あなた
あなた
どうしてここに…?








あなたが申し訳なさそうに聞いてきた。







僕はその答えを言うかわりにあなたに聞いた。








ジョングク
ジョングク
その写真…
ジョングク
ジョングク
あなたと写ってる人が、、、ユウさん…?









あなたは驚いた顔をした。











でもすぐに、、







あなた
あなた
はい…
私が…付き合っていた人です















next.