無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第193話

🍀
ージョングクsideー








ライブ前日







またあなたは夜にいなかった。







ジン
ジン
みんな、ちょっと集まって








リビングの奥の部屋にあなた以外が集まった。







ジョングク
ジョングク
ヒョン!あなたのことは…
ジミン
ジミン
あなたがどうしたの?
テヒョン
テヒョン
なにか…わかったの?












ヒョンたちがあの日の海での会話を


テヒョンイヒョンとジミニヒョンに話した。









ナムジュン
ナムジュン
俺とジンヒョンでユウさんに会ってきた
ジン
ジン
マネージャーにユウさんの住所聞いて
日本に行って話してきたんだ。











だから、2日前までいなかったのか…。









ジン
ジン
あなたの今の気持ち、
悩んでること、それから…










ユウさんへの気持ちも伝えたらしい。









ナムジュン
ナムジュン
明日からのライブ、いつでもいいから見に来てあげてほしいって
ナムジュン
ナムジュン
頑張ってる姿を見てあげてほしいって頼んできた
テヒョン
テヒョン
じゃあ…!
ジン
ジン
ただ、急だったから…
来てくれるかはわからない…








来てくれればあなたの気持ちが変わるかもしれない







でも来なければ…あなたは脱退してしまう








ジン
ジン
だからみんなには、どーなるかわからないけど
ジン
ジン
とりあえずはライブが終わるまで、
支えてあげてほしいんだ
ナムジュン
ナムジュン
ライブが終わってどーなったとしても
俺たちはずっと仲間だから
ユンギ
ユンギ
お前たちにも心配かけて悪いけど
あなたの気持ちを救うために力を貸してほしい
ホソク
ホソク
なんとしても8人でこれからも走っていきたいんだ…!









そう言って、ヒョンたちが頭を下げた。








テヒョン
テヒョン
ヒョン!やめてください!
ジミン
ジミン
僕たちも、気持ちは同じです!
ジョングク
ジョングク
防弾少年団のためにここまでしてくれてありがとうございます









そして僕たちは、気持ちを1つにした。
















next.