無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第177話

🍀
ーユンギsideー







俺はマネージャーがあなたが脱退すると言い出した理由を知ってるかもしれないと思った。





ユンギ
ユンギ
あなたが…今、何に悩んでて
どうして脱退なんて言い出したのか…
ユナ
ユナ
いいえ。何も相談されてないわ…
ユナ
ユナ
でもどうして私なら知ってると思ったの?








それは、あなたと俺たちが初めて会ったとき






ユンギ
ユンギ
あなたの過去を教えてくれたじゃないですか。対人恐怖症になったことも。
ユンギ
ユンギ
もしかしたら過去にあったあなたの何かがまだアイツの中で残ってるとするなら







マネージャーは何か手がかりを
知ってるんじゃないか、って思ったんだ。






ユナ
ユナ
ねぇ、あなたは脱退を言い出したとき
なんて言ってたの?






たしか…


 



ホソク
ホソク
自分は愛される資格がないから、って







マネージャーは少し考え込んだあと、、






ユナ
ユナ
まさか…まだ…
ユナ
ユナ
ねぇ!あなたはどこ!?
ナムジュン
ナムジュン
あなたなら…あの日からよく夜に
家にいない日が多くなりましたけど…
ジン
ジン
今日も…いないです
ユナ
ユナ
…
ユンギ
ユンギ
でも、どうしてあなたを?
何かわかったんですか?







マネージャーは少し俯いて考え込んだ後、、






ユナ
ユナ
ねぇジン。みんなを集めてくれる?













next.