無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
14
2021/04/01

第9話

3年1組



ピチャンピチャン



よっと……



お次はここの3年1組!




あなた
なんか見た目は普通……




他の組に比べたらね〜






じゃぁ中入ってみましょ?



あなた
は、入っていいの……?



ふふふっ


大丈夫よ。


何も無いから。





ガラガラガラ







ほら、何も無いでしょ?



あなた
ロッカーしかない……



そうなの。



あっ、そうだ。



ここの噂なんだけどね?










昔、ここで虐められてた子がいたらしいの。





それで、虐めてた子がその子を


ロッカーに閉じ込めたんだって!


最初は、


『ねぇ!開けてよ!』


だけだったんだけど。



段々と時間が経つにつれて、


『あ''……け''て……?』


『ね''え、開けてよ''。』


『ね''え、』


『なんで無''視''するの''?』


『ね''え、』


『な''んで??』










その言葉から、何もロッカーから




音が感じられなくなったの。





虐めっ子達も、これはやばいって思って、



ロッカーから出そうとしたんだって。



それでね?



扉を開けたら、
















男の子が苦しそうな顔をして死んでたの。




それでね。



何も無いように、



その上にレンガを積んで、



何も無かったことにしたんだって。




その子たちは幸い、



その次の日から夏休みだったから、



ただのイタズラとして処理されたんだけど。








って話!








あなた
……



今も死体はロッカーの中。






その子は行方不明。








何も見つからない。




あなた
…残酷だね。




……そうね。








さぁ、次行きましょ?










NEXT