無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

587
2021/11/13

第13話

従姉妹同士 2
朝陽が喋っていると…
香澄夜空
香澄夜空
真昼ちゃーん!
香澄真昼
香澄真昼
ちょっと、
香澄夜空
香澄夜空
街でばったり、真昼に会うなんてお姉ちゃん嬉しい。
お肌モチモチ、いいわぁ〜。
香澄は真昼に抱きつき、真昼は抵抗をした。
香澄真昼
香澄真昼
や、やめてよ。みんな見てる…………
香澄夜空
香澄夜空
もう、照れ屋さんなんだから。
そんな香澄姉妹を見ていた。ゆめ達、
香澄朝陽
香澄朝陽
妹離れができない姉でね。
あなた

相変わらずの溺愛っぷり。

虹野ゆめ
虹野ゆめ
へぇ………。
香澄夜空
香澄夜空
そうだ、せっかく会ったんだし一緒にお茶しましょうよ、ねぇ。
香澄真昼
香澄真昼
お断りします。私、忙しいので………。
香澄夜空
香澄夜空
いいじゃない、少しくらい。
真昼は、突然瓦を出した。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
瓦?
真昼は、瓦割りをした。
香澄真昼
香澄真昼
お断りします。
ゆめとローラは、唖然としていた。
香澄夜空
香澄夜空
そおーお、残念。
香澄真昼
香澄真昼
それでは………行こうあなた。
あなた

あ、うん。じゃねぇ、朝陽・夜空。

香澄朝陽
香澄朝陽
真昼は、空手が得意でね。怒ると瓦割るんだよ。
花奏は、手を振って、真昼とあなたは言ってしまった。
香澄朝陽
香澄朝陽
姉さん、そろそろ仕事行かなくていいの?
香澄夜空
香澄夜空
あ、そうだったわ。
香澄朝陽
香澄朝陽
はい、姉さんに差し入れしようと思ってマフィン。
香澄夜空
香澄夜空
ありがとう、朝陽。
夜空は朝陽にくっつき、お礼をした。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
あの、夜空先輩。私達、ステージドレス応募しますので………
香澄夜空
香澄夜空
楽しみにしてるわ。
そのあとは、ゆめ達はお昼を食べたのだった。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
真昼ちゃんの家族って、すごいんだね。
七倉小春
七倉小春
うん、お父さんはアパレルメーカーのCEO。お母さんは、世界で活躍しているスーパーモデル。
お姉さんの夜空先輩は、日本で活躍のモデルで。お兄さんの朝陽くんは大人気グループのM4のメンバー。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
香澄ファミリー、凄すぎ。
桜庭ローラ
桜庭ローラ
面白いじゃない。家族が業界の人なら、アイカツのことなら色々、教えてもらえるんじゃない?
七倉小春
七倉小春
私もそう思ったんだけど。真昼ちゃんは、あまり嬉しくないみたい。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
え、なんで?
七倉小春
七倉小春
同じ美組なのに、真昼ちゃんは夜空先輩と話してるのほとんど見たことないんだ。だから、姉妹だって気づいていない人も多いみたい。
まるで、お姉さんを避けてるような………
虹野ゆめ
虹野ゆめ
どうしてなんだろう?
七倉小春
七倉小春
聞きづらくって、
桜庭ローラ
桜庭ローラ
姉妹には、色々あるみたいだね。
ゆめ達は、夜空と真昼の姉妹の話をしていた。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
そうだ、従姉妹のあなた先輩に…
桜庭ローラ
桜庭ローラ
どうやって、あなた先輩に会うの?
七倉小春
七倉小春
そうだよね、一緒にお出かけみたいだったんだし。オフだったのかなぁ?仲がいいみたい。
虹野ゆめ
虹野ゆめ
う〜ん…………あっそうだ。いいこと思いついちゃた!
幹部の人達に聞こうよ。
桜庭ローラ
桜庭ローラ
輝組の幹部の人達って見かけたことないよね、どうするの………?
虹野ゆめ
虹野ゆめ
そこは、百合先輩に聞こうよ。
七倉小春
七倉小春
その方法があったね。
こうやって、香澄姉妹について知っているあなたに聞きに行こうと決めたのだった。