無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

380
2021/06/29

第3話











.




「 ………犬 」




















花崎あなたを何かに例えたら、そう聞かれたとき思いついたのがそれだった









you.
え、えぇ、どこが…?
えいじろう
俺は花って感じするけどな~
でんき
あッわっかるぅ~ !





少し混乱した花崎を見ると無性に意地悪したくなって




かつき
よく鳴くとこ…わんわんって ( フッ
you.
なッ、鳴いてない~ ! !





そういって頬を膨らませる













……やっぱり犬だな





かつき
後はそのばか頭
you.
……?















フワッ______花崎のさらさらな髪に触れる
















you.
ッ、…… ! ? ///
えいじろう
( …これ俺ら邪魔なんじゃ )
でんき
( いいか切島、そーっと退くんだ )






髪に指を絡ませてくるくると遊び始める




かつき
撫でたくなるとこ、とか ( ニヤッ
you.
ばッ、爆豪くんってそういう人なの ! ?/
かつき
…は ?






そう言われて気付く、自分の行動の酷さに















なんで今こいつのこと撫でてんだ…… ?




































どうしても触れてたいって思ってるこれは、なんなんだ…… ?




かつき
お、おめェは犬だからいいんだよ ! !
you.
犬って…人間だからね、爆豪くん
かつき
知ってるわ ! !






いつもの調子で軽口を叩くと「 怖いよ爆豪くん 」なんて言いながら上目遣いしてくる











大体掴めたこの感情をどうするか


















まあそんなもん、堕とす一択だけどな




かつき
……決めた
you.
ん ?何を ?














































.
かつき
今日からお前、俺の犬な






   
                       end.