無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話「君の今」
まふまふ
まふまふ
ここって…
まふまふ
まふまふ
屋上…入っていいんですか?
(なまえ)
あなた
んー、知らない…だめなんじゃない?
まふまふ
まふまふ
えぇっ!?
(なまえ)
あなた
まぁ、誰もいないし…
まふまふ
まふまふ
そう…ですね?
(なまえ)
あなた
さてと、まふまふくん
まふまふ
まふまふ
はい…
(なまえ)
あなた
君、いつからいじめられてた?
まふまふ
まふまふ
えっと…
(なまえ)
あなた
話したくないならいいけど…間違えないで欲しいことが一つだけある
まふまふ
まふまふ
はい…?
(なまえ)
あなた
私は君の敵じゃない。味方ってこと
まふまふ
まふまふ
僕の…敵じゃない…?
(なまえ)
あなた
うん、私は君をいじめようとか思ってないよってこと。
まぁ…そんな簡単に信じれないと思うけどね
まふまふ
まふまふ
いや…信じれますよ
(なまえ)
あなた
…そう?
まふまふ
まふまふ
はい…だって、僕のこといじめてる人たちは学校内でも有名な問題児なのに…その人たちにビクともせず僕のこと助けて手当してくれたんですから
(なまえ)
あなた
…そっか、ならよかった
まふまふ
まふまふ
あ…その、いじめの件…は
(なまえ)
あなた
うん、ゆっくりでいいよ
まふまふ
まふまふ
はい…
まふまふ
まふまふ
えっと…高校2年生に上がった頃…からなんですけど
(なまえ)
あなた
うん
まふまふ
まふまふ
その…もともと人見知り…と言うか、人が苦手で…1年生の頃もひとりぼっちで過ごしてて…
(なまえ)
あなた
うん
まふまふ
まふまふ
2年になってすぐ、そのいじめっ子達とぶつかっちゃって…
(なまえ)
あなた
うん
まふまふ
まふまふ
そ…れで…上手く喋れなくて…うじうじしちゃってた…からそれが気に食わなかったんだと…思います…
(なまえ)
あなた
…そっか…(あいつら…ほんとクズだ)
(なまえ)
あなた
がんばったね
まふまふ
まふまふ
…へ?
(なまえ)
あなた
疲れたでしょ
まふまふ
まふまふ
…はい…
(なまえ)
あなた
…今日は1日サボるかぁ
まふまふ
まふまふ
でも怒られるんじゃ…
(なまえ)
あなた
怒られたら怒られただ!
一緒に怒られれば怖くないよ?
まふまふ
まふまふ
…ふふw
(なまえ)
あなた
え?なんか面白かった?
まふまふ
まふまふ
なんか、強い人だなぁって思って…w
(なまえ)
あなた
強くないよ
まふまふ
まふまふ
強いですよ、僕から見たら
(なまえ)
あなた
でも私は…
まふまふ
まふまふ
…?
(なまえ)
あなた
…いや、なんでもない…
まふまふ
まふまふ
そう…ですか
(なまえ)
あなた
ねえねえ、まふまふくんって言い難いからなんかいいあだ名とか無い?
まふまふ
まふまふ
まふくんって省略?して言われることはよくありますよ
(なまえ)
あなた
じゃあまふくんって呼ぼうかな、私は呼び捨てでもちゃん付けでもなんでもいいよ、あと敬語を抜くこと!これ三回目ぐらい!
まふまふ
まふまふ
わかりまし…あ、わかった…
(なまえ)
あなた
うん、いいね
まふまふ
まふまふ
あの…
(なまえ)
あなた
ん?
まふまふ
まふまふ
ごめんなさい…
(なまえ)
あなた
…謝らなくてもいいんだよ?
まふまふ
まふまふ
でも…
(なまえ)
あなた
謝られるより感謝されたいなぁ…
まふまふ
まふまふ
で…も…僕のせいで多分…あなたちゃん…が、いじめられちゃう…かも…
(なまえ)
あなた
だーかーら、別にいいって言ったでしよ?
まふまふ
まふまふ
でも…でも…
(なまえ)
あなた
でもでもうるさい!
まふまふ
まふまふ
は、はい!?
(なまえ)
あなた
私はいじめられても構わないの!
君を助けたことに比べたらなんも怖くないの!
まふまふ
まふまふ
でも……ごめん…なさい…
(なまえ)
あなた
…似てるね、君は
まふまふ
まふまふ
え…?誰に…
(なまえ)
あなた
いや…なんでもないよ、昔の私に似てるなぁって思って…ね
まふまふ
まふまふ
あなたちゃん…もしかして、昔いじめられてた…の?
(なまえ)
あなた
…さぁ、どうだろうね…まだ秘密にしとくよ
まふまふ
まふまふ
(なんでそんな…悲しい目をしているんだろう…)
キーンコーンカーンコーン
(なまえ)
あなた
…1時限目、終わったみたいだね
まふまふ
まふまふ
あ…!授業!
(なまえ)
あなた
ふふ、忘れてた?
まふまふ
まふまふ
うん…
(なまえ)
あなた
話してたらあっという間だよね
まふまふ
まふまふ
あの…
(なまえ)
あなた
ん?
まふまふ
まふまふ
もう一つだけ、聞きたいことがあるんだけど…いい?
(なまえ)
あなた
いいよ、なんでも聞いて?
まふまふ
まふまふ
…あなたちゃんは…
まふまふ
まふまふ
…どうして僕を助けてくれたの?