無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話「母親」
(なまえ)
あなた
いや…いやぁぁぁあ!!!!!
まふまふ
まふまふ
あなた!あなた!落ち着いて!
(なまえ)
あなた
ひっ…ぁ…
先生
先生
…とりあえず保健室で隠れててくれ。
お前の母親の事は先生達は分かってる。
(なまえ)
あなた
…ぁ…は…い…
先生
先生
まふまふ、お前授業出なくていいからあなたのことを頼んだぞ。
まふまふ
まふまふ
はい…!
まふまふ
まふまふ
あなた、こっち行こう
(なまえ)
あなた
ぁ…で…も…
先生
先生
俺らは全力で生徒を守るだけだ。
お前は自分の身を守れ、わかったな?
(なまえ)
あなた
っ…は…い…
~~~応接室~~~
母親
母親
あなたはどこよ!出しなさい!この学校にいることぐらい分かっているのよ!
先生
先生
ここの学校にはいません。誰ですかその生徒は
母親
母親
っ…!!!!ふざけるな!!!!!
あいつがいねぇと金がねぇんだよ!早く出せ!
先生
先生
金のために自分の娘を使うな!!
母親
母親
うるさい!あんたには関係ないでしょ!
先生
先生
これ以上騒ぐつもりなら警察を呼ぶぞ!
母親
母親
っ…!!!!!!
先生
先生
自分が生きることだけを中心に考える親なんていらない!この学校から出ていけ!
母親
母親
ちっ…今回はこれだけで許してやるよ!
~~~一方その頃~~~
(なまえ)
あなた
ぁ…あ…お母さん…お母さん…が…先生…先生危ない…
まふまふ
まふまふ
あなた、大丈夫だから…
(なまえ)
あなた
でも…でも…
まふまふ
まふまふ
でもでもうるさい!
(なまえ)
あなた
ひぁ…
まふまふ
まふまふ
この前あなたが言ってたでしょ!?
先生は生徒を守る義務があるの!
あなたは自分の身の安全を今すぐに考えて!わかった!?
(なまえ)
あなた
……ぁ…ごめ…私…は…
まふまふ
まふまふ
落ち着いた…?
(なまえ)
あなた
う…ん…
(なまえ)
あなた
ごめん…私は…まふくんを…守りたい…のに…守られて…ばっかで…
まふまふ
まふまふ
十分護ってもらったよ、だから次は僕が守る番なの。
(なまえ)
あなた
……あり…がとう…
まふまふ
まふまふ
うん…
まふまふ視点

大丈夫かな、落ち着いたかな、守れたかな…
誰かを守ったりすることなんてないから…どうすればいいんだろう、これで合ってるのかな。
あ、そうだ…
まふまふ
まふまふ
あなた。
(なまえ)
あなた
……?
まふまふ
まふまふ
この前言ってたよね
(なまえ)
あなた
なに…を…?
まふまふ
まふまふ
どうしよう無かったら、私のお墓に来てよって、親友さんが言ってたよね
(なまえ)
あなた
う…ん…
まふまふ
まふまふ
あなたの母親が帰ったらお墓参り行こう?僕もついて行くよ
(なまえ)
あなた
…!あい…ら…会いたい…
まふまふ
まふまふ
…あいらさん…だね、会いに行こう、ね?
(なまえ)
あなた
うん…会いに行く…会いたい…あいらぁ…
僕は背中をさすってあなたが泣き止むまでそばにいることしか出来なかった。
これだけでいいのかな…
(なまえ)
あなた
ま…ふく…
まふまふ
まふまふ
ん?
(なまえ)
あなた
ありがとう…もう、大丈夫…だから
まふまふ
まふまふ
ほんとに?むりしないでね
(なまえ)
あなた
うん…大丈夫
先生
先生
ガラガラガラ…あなた、お前のお母さんは帰ったぞ
(なまえ)
あなた
あ…先生…怪我…とかは…
先生
先生
大丈夫、無傷だよ、お前も大丈夫そうか?
(なまえ)
あなた
あ…はい…まふくん…が、着いててくれた…から…
先生
先生
そうか…まふまふ、ありがとうな。
さすがに今日授業受けるのはきつそうか…?
(なまえ)
あなた
…はい…すこし休みたい…です…
先生
先生
あぁ、大丈夫だぞ、さすがに疲れたよな…まふまふ、お前はどうする?
まふまふ
まふまふ
僕も早退します…
先生
先生
あぁ、わかった、あなた、友達のお墓参り行くだろ?
(なまえ)
あなた
あ…はい…
先生
先生
じゃあそれが終わって家に着いたら学校に電話してくれ、一応心配だからな
先生
先生
まふまふ、早退を許すのは今日だけだぞ!
まふまふ
まふまふ
あ、はい…!ありがとうございます
(なまえ)
あなた
…ありがとう…ございます…
まふまふ
まふまふ
あなたの荷物とか持ってくるから待っててね
(なまえ)
あなた
あ…ありがとう…
まふまふ
まふまふ
大丈夫だよ、行ってくる
(なまえ)
あなた
うん…行ってらっしゃい…
先生
先生
良い友達を持ったな
(なまえ)
あなた
そう…ですね
先生
先生
あいつを助けたの、お前だろう?
(なまえ)
あなた
…なんで知って…
先生
先生
なんとなく…な、いじめとか暴力とかの件は基本お前が関係してるからな、ほんと変なことに首を突っ込みまくるな
(なまえ)
あなた
うっ…
先生
先生
まぁ無事でよかった、俺が父親だってことは隠しておけよ
(なまえ)
あなた
…うん、ありがとう、お父さん。
先生
先生
あぁ、じゃあまた明日。
無理せずに来いよ
(なまえ)
あなた
うん、わかった。
~~~お墓参り~~~
(なまえ)
あなた
トコトコトコトコ…あった
まふまふ
まふまふ
あいら…さん?
(なまえ)
あなた
うん、あいら
(なまえ)
あなた
あいら、ただいま…
あなた視点

今日ね、お母さんが学校に来たの…怖かった。
またパニックになる所だった…でもね、
先生(お父さん)とまふくんが助けてくれたんだ。
だからね、恩返ししたいなぁ…
何すればいいかな?
あいらだったら何をするんだろう…

まふくんにはもっと笑って欲しいなぁ、もっともっと学校が楽しく過ごせるようになって欲しい…
お父さんとは表向きは先生と生徒だからずっと話せてないなぁ。たまにはお話したい。

んー、だめだぁ…わかんないや…毎日少しずつ恩返しして行こうかな?
うん、そうしようかな…これなら私でもできそう、毎日感謝して感謝されて、そしたら毎日もっと笑えるかな……?

……まふくんが待ってるからそろそろお話も終わりにするね、また来るよ
(なまえ)
あなた
…行ってきます、また来るから待っててね…
まふまふ
まふまふ
お話、終わった?
(なまえ)
あなた
うん、終わったよ、だいぶ落ち着いた…
まふまふ
まふまふ
よかった…
(なまえ)
あなた
ありがとう…ね
まふまふ
まふまふ
うん、全然いいよ
(なまえ)
あなた
…私は
まふまふ
まふまふ
うん?
(なまえ)
あなた
まふくんを救えてるのかな
まふまふ
まふまふ
救ってもらったよ、十分な程に、救ってもらった。
(なまえ)
あなた
そっか…なら、隣にいれるね
まふまふ
まふまふ
…!そう…だね…
(なまえ)
あなた
あいらも…隣にいて欲しかったな
まふまふ
まふまふ
背後霊になるって言ってたから、後ろにいるんじゃない?w
(なまえ)
あなた
…ふふwそうかもw
まふまふ
まふまふ
あ、そうだ
(なまえ)
あなた
どうしたの?
まふまふ
まふまふ
今度歌い手の人達と遊ぶんだけど、あなたも来ない?
(なまえ)
あなた
え…?行きたい!けど…お邪魔なんじゃ…
まふまふ
まふまふ
いやいや!むしろ僕がコラボしてからずっと紹介してってうるさくて…だから一緒に遊んでくれない?
(なまえ)
あなた
そう…なの…?じゃあ、お邪魔しようかな…
まふまふ
まふまふ
うん!ぜひ来て!あいらさんも喜ぶかもね
(なまえ)
あなた
…!そうだ…あいらも…喜んでくれる…ね…背後霊だもん!w
まふまふ
まふまふ
ふふwじゃあ日程決まったら言うね!
(なまえ)
あなた
うん、ありがとう。
あなた視点

大丈夫、あいらとまふくんが隣いてくれる。
まふくんを救いたいって言ってたのに…
まさか救われちゃうとはなぁ。

でも…救えてよかった。
笑ってくれて、よかった。
歌い手の皆さんと会うの楽しみだな…