無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

148
2020/03/16

第5話

✧︎
廉side




































































































前君が「仕事辞めたい」って、言った事があったよね















今なら分かるよ















あの日、君は















テレビの中で祝福される2人と















重ねてたんだよね















僕らを


















































何万回使い古された愛してるより君が欲しかった物って















ずっと もっとそばにいる ということ
きっと もっと言葉にする ということ
















































何万回君が目を瞑って僕に言わないでくれた言葉って















ずっと そっとそばにいる ということ
ずっとずっと〝寂しかった〟ということ






























































君と最後に会った日















あの喫茶店で















初めて知った















君は 寂しかった んだね