第2話

暴かれた秘密
事は中学1年の時に起きた。幼馴染の俺達はその時から惹かれあっていた。

ある日、俺は男にとっちゃ…いや、女もだな。人生最大の「告白」という難関に立ちはだかった。
和山 百合
和山 百合
何?「今日教室に最後まで残って」って
吉岡 純
吉岡 純
あっごめん…
俺こういうのやったこと…
和山 百合
和山 百合
いいよ!
吉岡 純
吉岡 純
は?
和山 百合
和山 百合
え?「俺と付き合ってください!」じゃないの?!
吉岡 純
吉岡 純
そ…そうだけど…
和山 百合
和山 百合
あー良かった!「勉強教えて!」とかだったら1人だけバカ見たいじゃん!
も〜!ビックリさせないでよ!
吉岡 純
吉岡 純
あっごめん…
和山 百合
和山 百合
男だったらもっとズバッと言いなさいよ!ズバッと!
はい!
吉岡 純
吉岡 純
あ…あの
俺と!こんな俺と!付き合ってください!
和山 百合
和山 百合
ん〜
「こんな俺」が余計だったかな〜なんて
吉岡 純
吉岡 純
で?
和山 百合
和山 百合
え?返事はさっきもうしたでしょ?
吉岡 純
吉岡 純
そっか…
…てことは
和山 百合
和山 百合
ねぇ、
ほんとにあたしでいいの?
吉岡 純
吉岡 純
は?
和山 百合
和山 百合
うんん!何でもない!
帰ろ!
この時はまだ彼女の言葉の意味が分からなかった。
その後、同じ高校に合格し、あの事件が起きた
先生
先生
我がクラスメイトの佐藤さんが昨日事故にあい亡くなりました
吉岡 純
吉岡 純
え…うそだろ
和山 百合
和山 百合
え?!どうして…
もちろん俺たちだけじゃない。クラスみんながザワついた。(当たり前か…)
そのあと百合と帰ってる時…
和山 百合
和山 百合
美穂どうして…
吉岡 純
吉岡 純
不運な事故…ってことになるのか…
和山 百合
和山 百合
そうじゃなくて!
吉岡 純
吉岡 純
え?
和山 百合
和山 百合
なんで事故?だって美穂は…

はっ!
吉岡 純
吉岡 純
大丈夫か?さっきから変だぞ?
和山 百合
和山 百合
…ぅもういい!全部話す!

美穂はあたしが殺した!
吉岡 純
吉岡 純
は?
和山 百合
和山 百合
だから…あたしが!…
吉岡 純
吉岡 純
2回言わなくていいよ…
聞こえっから…
和山 百合
和山 百合
なんで事故で終わったの?
警察も学校もバカだね〜
吉岡 純
吉岡 純
ちょ、ちょ、ちょっと待て!
今のがホントなら、お前は一般的に言う「サイコパス」ってやつの部類に入るのか?
和山 百合
和山 百合
さー
わかんない
吉岡 純
吉岡 純
でも…なんで?
和山 百合
和山 百合
好きなの!人を殺すことが!
吉岡 純
吉岡 純
やっぱサイコ…
和山 百合
和山 百合
誰かを殺すこと考えると自分じゃない体になってる感じがして贅沢してる気分になるの
吉岡 純
吉岡 純
多重人格…?
和山 百合
和山 百合
多重人格ではないと思うけど…
百合はカンペキなサイコパスだった。俺もいつ殺されるか分からない。そんな中でも俺は百合を受け入れた。1度すぎになった相手だ。中途半端な気持ちで決断したわけじゃない!

そう!百合がサイコパスは元から知っていた!百合だってなりたくてサイコパスになったんじゃないでしょ?

大丈夫!俺が言い聞かせ…
いや!俺が百合を受け入れないと…