無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

011
1,200
2020/03/13 17:00
時透無一郎side







そろそろあなたちゃんに鬼殺隊のこと教えた方がいいかなぁ…






うーん…





まぁ教えた方がいいよね!


僕の仕事についてって意味でも知らないと不自然だし。



ということで教えちゃうゾ♡←
時透無一郎
時透無一郎
あなたちゃん~?
ちょっと話したいことあるから来て
蝶羽   you
蝶羽 you
ふぇっ?
なんですか話したいことって(トコトコ
時透無一郎
時透無一郎
まぁ僕の仕事?についてなんだけどね。
蝶羽   you
蝶羽 you
はい…
時透無一郎
時透無一郎
鬼殺隊っていう、鬼を滅す仕事をしているんだ
蝶羽   you
蝶羽 you
へぇ…
時透無一郎
時透無一郎
そして僕はその鬼殺隊のトップ。柱という階級で、凄く強い鬼と戦っているんだ。
蝶羽   you
蝶羽 you
そ、そうなんですか…
時透無一郎
時透無一郎
だから死ぬ可能性が高いんだ。
もし死んだ時には…





























































時透無一郎
時透無一郎
僕の跡継ぎ…いや、
僕が抜けた穴を埋めてもらいたいんだ
蝶羽   you
蝶羽 you
…へ?
時透無一郎
時透無一郎
まぁ…要するに
時透無一郎
時透無一郎
君に鬼殺隊の隊員になって、僕の継子になって欲しいんだ
蝶羽   you
蝶羽 you
ほ、ほうほう…(?)
蝶羽   you
蝶羽 you
私に鬼殺隊とやらに入って欲しい…って事ですよね。
時透無一郎
時透無一郎
そうなんだ。







因みに鬼殺隊に入れたいと思ったのはなんとなくだ←
蝶羽   you
蝶羽 you
まぁ、することないし…
いいですよ。
時透無一郎
時透無一郎
ほ、本当?!
ありがとう!(ギュッ
蝶羽   you
蝶羽 you
わっ!(ドサッ
時透無一郎
時透無一郎
一緒に頑張ろうね!
蝶羽   you
蝶羽 you
は、はい!






next⇢