無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

30
2020/12/07

第20話

偶然
私は、彼はもう忘れていると思っていた。

だから、隠れずに仕事をしていた。

韓国に行かないだけで、日本でしていた。

彼は、治療に専念するためじゃなくて、

私を探すために活動休止したらしい。

だけど、私は知らなかった。

彼から離れたはずなのに、

どうしてこうなったのか。

今、

私の目の前に、

笑顔で立っている人。

彼がいる。