無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

~君と出会って~⑯
(北人)迷惑なんてならない!




(あなた)違う!



あの日、呼び出されたじゃん。クラスの女子に。



(女子A)ねね!あなたちゃん!
私ね、北人くんの事好きになっちゃったみたいだから…







北人くんと別れろ。





(女子B)言うこと聞かないと…





あんたのこといじめちゃうかもね笑。





それか…



北人くんを私達が傷付けるかもね。








(女子A)今日中に別れてね🎵



(女子B)よろしくね。あなたちゃん。(。-∀-)ニヤリ



(女子A)ドンッ!あっ!ごめ~ん‪w間違って蹴っちゃった!



(女子B)ドンッ!!!!!あっ!ごめん‪wうちも~蹴っちゃった!




(あなた)うぐっっっ。おぇぇぇぇ。



(女子A)あら!いい声出るじゃない!今日はここまでにしてあげる。


本気で北人くんと別れたらこれっきりにしてあげる。行きましょ!




(女子B)ええ!行きましょ!








その時、北人だけは…






北人だけには……



傷1つつけて欲しくない。




だから…





ッ!触らないで!

もう絶対に、私に近づかないでッ!って




言ったよね。


(あなた)ごめん。北人。大好きな北人!ごめん。



(北人)あなた…。



泣きそうな私をゆっくり抱きしめてくれた北人。



北人も堪えてた涙。





けど、私を抱きしめる瞬間






私の頬に北人の涙が伝った。







(北人)辛かったね。気づけなくて、守れなくて…ごめん…。




その時、はじめて私は北人の前で大泣きした。






ずっと涙が止まらなかった。





ありがとう、北人。私はこれだけでも嬉しいよ。