無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

~君と出会って~32
病院についたとたん慌てる救命員と医師。



大丈夫。きっとあなたは大丈夫。









そう何回も自分に言い聞かせた。




ガタガタガタ



(医師)これ以上は中に入れません。手術が終わるまでお待ちください。



(北人)分かりました。




バタン




手術中のランプが赤に変わった。
















あなた…はやく無事に戻って来いよ。






絶対成功しますように。






俺はずっとあなたのことを考えながら、無事を願って待ってる。