無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

~君と出会って~50
(あなた)北人ありがとう本当に。待っててくれて。




(北人)うん。おかえりあなた。




そう言って2人で笑い合う。




笑う顔、本当に好き。ずっと笑っていられる。




(北人)あなた明日も来るね。




(あなた)うん、ありがとう。





(北人)じゃあまた明日!




(あなた)うん、ばいばい。




少し寂しい。けど、しょうがない。





北人の背中をずっと目で追いかける。






最後まで笑ってくれてて、なんて優しい人なんだろうか。


































自然と笑みが零れた。










それは、嬉しいから。






















いや、嬉しいだけじゃない。幸せだから。