無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

~君と出会って~⑦You
北人だった



一瞬目があったけどすぐにそらされた



でも、私とすれ違った時なんだか悲しそうな顔をしていた。



こんな自分は今はもう北人に声もかけられないんだ。



あっちはどう思ってるのかな。



もう戻れないし、戻りたくもないんだろう。



(菜緒)……ぇ……て……



(菜緒)ねぇってば!



(あなた)うわぁ!菜緒ごめん…



(菜緒)もう…何か考え事でもしてた?



(あなた)うん…ちょっとね…



北人とすれ違ったって事、菜緒は気づかなかったんだ。



(菜緒)はやく座ろ!美味しい卵焼きが食べたいんだー!



(あなた)そうだね。食べよう!



そこのベンチに座って、可愛い水玉のケースをあけたらいい匂いがただよう。



(菜緒)みてみて!今日ね、ハートの卵焼き作ったんだー!上手いでしょ?



(あなた)えっ!凄い✨!



(菜緒)あなたの弁当も女子って感じ~!タコさんウィンナー可愛い😆



(あなた)ありがと!おタコさん1つあげる!



(菜緒)いいのっ?うちもハートの卵焼き1つあげるー!😊



(あなた)嬉しい~🎶やっぱり菜緒と食べると楽しい😊



(菜緒)うちも!あなたと食べるの楽しい~🐙



2人でニコニコしながら食べる。



あぁ…思い出すな。北人と食べてた時もこんな感じだった。



(北人)ねぇ!あなた!これめちゃめちゃ美味しい😋から食べてみて!



(あなた)どれどれ~ŧ‹"((。´ω`。))ŧ‹”うん!美味しい😋



(北人)でしょ!あっあなたのタコさんもーらい!



(あなた)あっ!最後に残しておいたのに~(ㆀ˘・з・˘)モォ-



(北人)まぁまぁそんな落ちこむなって!後で、飯奢ってやるから。



(あなた)いいのぉー!ヤッター!😊💕



(北人)ん。いつでもいいからな。



(あなた)うん!😊💕



はぁ…懐かしい…



(菜緒)どした?はやく食べな?



(あなた)うん!食べる食べる。てか菜緒食べるのはやい~!



(菜緒)あなたがおそいだけだって!



(あなた)そうかも(∀`*ゞ)エヘヘ



もくもくと食べて、2人で片付けをする。



(菜緒)あなたいい?行こうー!



(あなた)うん!行こう!



そして、忘れ物がないか確認して屋上を後にした。











────────────────────
みてくれてありがとうございます✨



次もお楽しみにっ🎶



それでは~!バイバイ👋