無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

~君と出会って~49
北人の顔をみてほっとした。落ち着いた。





ゆっくりと口をひらいて、北人に問いかける。





(あなた)ねぇ北人聞いて…私、夢みたんだ。すっごい変な夢。




(北人)俺もあなたの夢をみた。




(北人)いなくなりそうで、すっごい怖かったんだ。




(北人)もう目を覚まさないんじゃないかって、会えなくなるんじゃって




考えちゃって…。沢山色々と抱え込みすぎたかもしれない。





(あなた)そっか…それくらい私のこと心配してくれてたんだね。




(北人)当たり前だよ!あなたのいない人生なんて考えられない。





(あなた)私も北人のいない人生なんて考えられないよ。





幸せいっぱい貰って、毎日楽しくてでもたまには涙しちゃう時だってあった。





それでも何してても隣にいてくれるだけで本当に幸せだった。





(北人)あなた…





俺はもっと幸せ。






あなたが生まれてきてくれなかったら俺今何してるんだろ。って。





絶対、あなたじゃなきゃダメだなって、思った。





それぐらい愛してます。




ありがとう。