無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

~君と出会って~②
君の笑顔が大好きなんだ、今でも



ずっとずっとそうやって笑っていてほしい



俺はそれだけで幸せなんだって



君に告げたのに…



もう会えないのかな…



そう考えながら過ごす毎日はとても切ない



俺が1番近くにいたのに、頼れる人だと思ったのに…



気持ちがずっとあやふやで分からない



そっと君の頬に触れたいんだ



ちゃんと君の綺麗な涙も拭ってあげるから



戻って来てほしい



君が幸せになったのは俺といる時じゃない?



違うの?じゃあどうして…どうしてだよ。



今、君が考えてる事



俺だったらいいのに…



いや、そうであってほしいんだ



今は、君に触れるのがたった1mmでも遠く感じる



絶対忘れられない君と過ごしたこの日々を



君もどうか忘れないで…








────────────────────
更新遅くなりました!

すいません😭

少しずつですがよろしくお願いします🙏