無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🍒
てて
てて
じみなぁ~
つうぃ
つうぃ
じみんさん!
じみん
じみん
は、はい
つうぃ
つうぃ
なんでだひょんおんに泣いてたんですか?
じみん
じみん
それが、わからないんだ。
てて
てて
何でわかんねぇーの?
つうぃ
つうぃ
一緒に作る約束してたんですよね?
じみん
じみん
なんで知ってるの!?
つうぃ
つうぃ
だひょんおんにがメールくれました。
つうぃ
つうぃ
なのに作ってなかったので。
てて
てて
なぁ、じみな。
じみん
じみん
な、なに?
てて
てて
好きなんだろ?
じみん
じみん
な、なわけ!
つうぃ
つうぃ
そうやって嘘つくから泣く人が、傷つく人がいるんですよ!
つうぃ
つうぃ
自分の気持ちを認めてください。
じみん
じみん
あぁ、好きだよ。
じみん
じみん
だひょんちゃんと話す度に俺がこの子を笑顔にさせたいって思うんだ。
つうぃ
つうぃ
なら気持ちを伝えなきゃですよ!
じみん
じみん
でも、傷つけたくないよ!
てて
てて
それがだひょんちゃんにとって傷つくんだよ。
てて
てて
好きなら好きって言え。
じみん
じみん
わかった…
じみん
じみん
二人ともありがとう!



次回、みなとじみん