無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🍒
じみん
じみん
えっとー、だひょんちゃん
だひょん
だひょん
…
さな
さな
だひょな?
だひょん
だひょん
あ、はい
じみん
じみん
い、一緒に散歩行きませんか?
だひょん
だひょん
2人で…ですか?
じみん
じみん
あ、てひょなとつうぃちゃんもいます!
だひょん
だひょん
な、ならいいですよ
だひょん
だひょん
準備するので下行っててください。
じみん
じみん
あ、うん。
︎︎                                                                             ︎︎                                                                      
じみん
じみん
てひょな~!つうぃちゃん~!
つうぃ
つうぃ
なんですか、
てて
てて
どしたの?
じみん
じみん
一緒に散歩行きませんか?
つうぃ
つうぃ
嫌です。
じみん
じみん
ですよね…
つうぃ
つうぃ
二人で行くって言ってたじゃないですか。
じみん
じみん
だひょんちゃんがあからさまに2人は嫌って感じ出してまして…
つうぃ
つうぃ
はあ…
つうぃ
つうぃ
2人で散歩に行くことも出来ないんですか?
てて
てて
ま、まあつうぃ。
てて
てて
しょうがないから行ってあげようよ。
つうぃ
つうぃ
絶対に私たちは何もしませんからね。
じみん
じみん
は、はい。
てて
てて
どっちが年上かわかんないよㅎㅎ