無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

7
病院にて
お姉ちゃん
おはよう☀
陽愛(ヒヨリ)
おはようございます
緋山先生
おはよう!あれ?陽愛ちゃんどうしたの?
お姉ちゃん
今日熱あってさ学校休んだんだけど、家に誰もいなくてだから病院で過ごそうと思って
緋山先生
そっか熱今何度あるの?
お姉ちゃん
朝測ったら37度8分だった
緋山先生
そっか。陽愛ちゃん辛くなったら言ってね
陽愛(ヒヨリ)
ハイ!ありがとうございます
緋山先生
いいえ〜
2時間後
緋山先生
陽愛ちゃん辛くない?
陽愛(ヒヨリ)
はい大丈夫です(なんかお腹痛い)
緋山先生
顔真っ白だけど大丈夫?
陽愛(ヒヨリ)
はい(気持ち悪い)
(:D)┼─┤バタッ
陽愛(ヒヨリ)
緋山先生の肩に倒れる
緋山先生
おっと、大丈夫?
緋山先生
どんな感じ?
陽愛(ヒヨリ)
お……なか……と……キモチワルイ
緋山先生
(電話で)永井聞こえる?
お姉ちゃん
(電話で)うんどうしたの?
緋山先生
(電話で)陽愛ちゃんが倒れた多分貧血
お姉ちゃん
(電話で)分かったすぐ行く
永井が来て
お姉ちゃん
どんな感じ?
緋山先生
お腹痛くて、気持ち悪いってでも今は大丈夫顔色も戻ってきたし
お姉ちゃん
そっか緋山先生いてくれて良かったありがとう😊
緋山先生
☺‬‪︎
その後陽愛の風邪は順調に回復し、完全に治りましたとさ