無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,344
2019/11/16

第12話

11
翌日、学校は休みなのでバイトを募集しているところを探しに家を出てきた。
ずっと親に頼っていられないから働こうと思っている。
探しているといい感じの服屋を見つけた。
自分
ここで働きたい…
そう思っていた。
そして連絡して土曜日に面接してもらえることになった。
そのあとは家に引きこもってテレビを見ていた。
気づいたらうたた寝していた。
ピンポーンッ
自分
ん…あ!はい!!
チャイムの音で目が覚めた。
自分
あ、涼太くん
片寄涼太
片寄涼太
このパック返しに来たんだ!ありがとう^^おいしかったよ!
自分
よかったです!
片寄涼太
片寄涼太
あと、もしかして寝てた?
自分
はい笑
片寄涼太
片寄涼太
もうこんな時間だけど夜ご飯とかたべた…わけないよね笑
自分
寝てたので笑
片寄涼太
片寄涼太
じゃあ一緒に行かない?
自分
え、いいんですか!?
片寄涼太
片寄涼太
もちろん!
自分
じゃあ行きたいです!
片寄涼太
片寄涼太
行こう!準備しておいで
自分
はい!
2度目の涼太くんの車に乗ってジェネさん行きつけのお店に連れてきてもらった。
片寄涼太
片寄涼太
ここ、おいしいんだよ!
自分
メニュー見ただけでおいしそうですもん!
片寄涼太
片寄涼太
なんでも頼んでいいからね!
自分
はい!!
涼太くんにおごってもらった。
自分
すごくおいしかったです!ありがとうございました
片寄涼太
片寄涼太
一緒に行けてよかった。また行こうね!
自分
はい!ぜひ!
片寄涼太
片寄涼太
じゃあまた明日ね!
自分
はい!また明日!
帰ると明日の授業のためにすぐに寝た。