無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
22
2021/03/15

第1話

1話:殺人練習
ドアノブ
お疲れ、パラレル。
パラレル・ワールド
本当だよ。お疲れた。
パラレル・ワールド
お前の特訓ハードすぎ…
ドアノブ
まぁしょうがない。これくらいやらねぇと、殺す奴の命の価値はでかいんだよ。
パラレル・ワールド
あらあら格好いい事言ったつもり?w誰にでも命の価値はあるでしょうよ
ドアノブ
俺らは何人も人を殺して来た。つまり殺した奴らの中のてっぺんにいんだよ。そんな奴に命の価値もクソもあるかよ
パラレル・ワールド
まぁ、それもそっかw
パラレル・ワールド
ふ〜…トマトジュース飲みたい!近くにあるトマトジュース専門店一緒に行かない?
ドアノブ
何言ってんだよ。これからだし。
パラレル・ワールド
え…?(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
ドアノブ
……………まぁ、頑張れ。この特訓は序盤でやった楽な特訓だし、これ終わったら休憩してその店1人で行きゃ良いさ
パラレル・ワールド
え〜…
ドアノブ
何か問題でも
パラレル・ワールド
問題しか無い。お前と一緒に行きたいって言ってるのに、何でそんな事言うの⁉︎
ドアノブ
あ、そこ。
ドアノブ
殺人罪犯してる2人が店行ったらやべぇだろ?
パラレル・ワールド
あ、そっか…
ドアノブ
まぁ、お前が俺の分も買って来て俺がそれを飲むんだったら別だが…
パラレル・ワールド
え⁉︎良いのか⁉︎
ドアノブ
まぁ良くなくはねぇんじゃねぇの
パラレル・ワールド
わかった‼︎買ってくる〜‼︎
ドアノブ
おいその前に特訓
パラレル・ワールド
あ…
続きやす( ^∀^)