無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

変顔Part1
(なまえ)
あなた
私の最強な変顔見せてあげる フフッ
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
かかってきなさい
___________5分前
野薔薇はツウィッツーを。

私はInstegrem(インステグレメ)を見ていた。
(なまえ)
あなた
ねぇ野薔薇これみて
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
んー?
私はスマホの画面を見せる
そこには全く変顔では無いプリクラと

「# 変顔 # プリクラ # 華のJK」

の文字が。
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
は?
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
これのどこが変顔なのよ
(なまえ)
あなた
やっぱそう思うよね
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
コイツらに私の本気マジ変顔見せてやりたいわ
(なまえ)
あなた
野薔薇の変顔とか想像出来ん
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
あら私はあなたの変顔想像できるけど
(なまえ)
あなた
…まさか可愛い方だと思ってる…?
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
…まぁ
____________
で今に至るわけ
____________
2人「「いっせーのーで!」」
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
(変顔)
(なまえ)
あなた
(変顔)
ガラッ
虎杖悠二
虎杖悠二
おーっs……
伏黒恵
伏黒恵
……
(なまえ)
あなた
あ、悠仁
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
伏黒
虎杖悠二
虎杖悠二
大丈夫だ安心してくれ
虎杖悠二
虎杖悠二
俺らは何も見ていない…!
虎杖悠二
虎杖悠二
なっ!伏黒…!
伏黒恵
伏黒恵
あぁ…
(なまえ)
あなた
いや別に見られて困るものでは無い
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇
ただの変顔だろ。
虎伏「「……」」