無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

❥14
*  *  *
アキラ(史郎)
その仏頂面。いい加減どうにかしなさいよ
凪沙
はぁ??誰のせいだと思ってるんですか
パスタを器用にクルクルとフォークに絡める姿さえも。
サマになってる、目の前のオネエを睨みつける。
アキラ(史郎)
誰って、悪いのは元カレでしょ?
凪沙
だからって、私のスマホを勝手に解約して新しくする必要ありますか?
携帯ショップに、ネイルサロン。
少しショッピングもしたな。

そして、女子会は現在、お洒落なイタリアンに場所を移している。
アキラ(史郎)
だってブルブルうるさかったんだもの。
おかげで乳首勃っちゃったわよ
凪沙
いきなり下ネタぶっ込まないでくださいよ。
セクハラで訴えますよ?
アキラ(史郎)
あらやだ、下間ちゃんったら。
アタシはオネエだからセクハラにはならないのよ
チッチッと揺れる人差し指。
ネイビーに雪の結晶をあしらった塗りたてのそれに、私の目が寄っていった。