無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

❥34
いつまでも笑ってる史郎は放置して、もう一度原稿に目を通した。

本当によく描けている。
凪沙
先生?こんな短時間でよく描けましたね
アキラ(史郎)
あ、それ?今までわざと遅く描いてたから
凪沙
はぁぁぁぁ?
今、わざとって言ったよね?

これまでの残業も。
会社に泊まらなきゃならないほど忙しかったことも。

全部、全部、アキラ先生が遅かったせいなのにー!

おのれーーー。
アキラ(史郎)
提出が遅いと凪沙が何度も来てくれるだろ?
土日にここへ来るように言ってたのも俺の作戦
笑ったせいで目尻に溜まった涙を拭いながら「彼氏に会わせたくなかったから」なんて可愛いことを言われたら、怒る気も失せた。

どころか、キュンと胸が高鳴ってる。

重症かもな私。