無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

❥19
マ…マズい…。

このシチュエーションはどんなに言い訳しても誤解を招く。

まだ遠くにいる蓮とアキラ先生を交互に見やり、あたふたしていると、私の頭上から。
アキラ(史郎)
フッ。やっぱり来たわね
凪沙
……えっ?
こうなることを予想していたのだろうか。

笑いの混じった声色がしっかりと降りてきた。
凪沙
やっぱりって、どういう意味ですか

怪訝な顔で見上げる。

すると私の身体を解放して、アキラ先生は身体を蓮のほうへ向けた。
アキラ(史郎)
来ると思ったのよ。
下間ちゃんの携帯が急に繋がらなくなったからね

蓮を見つめるアキラ先生の横顔。
口角が上がってる。

この人、面白がってる。

そういや、修羅場を望んでたっけ。
凪沙
わざとですか!
思わず叫んでしまった大声に先生が振り向いた。

その瞳は大きく見開かれている。

おそらく、私の声は蓮にも聞こえただろう。