無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

❥8
話は終わり、とばかりにクスリと笑みを洩らし、デスクへ向き直ったアキラ先生の後ろ姿に目を細める。

あの後頭部にGペンでも刺してやりたい。

そんなことを思っていると同時に、私のバッグの中ではスマホがブルブルと震えだした。

絶対に、蓮だ。

昨日から鳴りっぱなしのスマホを思い出し、小さく溜息を吐き出しながらスマホを取り出した。

既に100件は優に超える、電話とライン攻めに軽く目眩がした。

最初は言い訳から始まった蓮からのライン。

よく読むと "15時に来て" と自分で打っておきながら、蓮の頭の中では16時のつもりだったらしい。

いわゆる、誤字というやつだ。

16時までに浮気相手を帰して、私を出迎えるつもりだったようだけど。

蓮がイタイ失敗に気付いたときは、浮気を私に知られたあとで、既に遅かったという。

なんとも、マヌケなオチ。