無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第36話

❥36
アキラ(史郎)
いやん。下間ちゃんたらー。
もぉ、エロなんだから
凪沙
……。
誰かこのオネエぶん殴って。
甘い雰囲気がブチ壊し。
アキラ(史郎)
寂しいなら一緒に寝てあげてもいいわよ?
腕枕してくれるかしら?
凪沙
……。
アキラ(史郎)
これは明日いただくわね。
こんな時間にチョコレートなんて食べたら誰かさんみたいに太っちゃうから
ポツンと一人リビングに残されて。
時計を見れば、まだPM7時半。

軽く自分の腕を揉んでみた。
うん、確かに、プニプニしてて寝心地は良さそう。
低反発っぽいな!
凪沙
…って、違ーーーう!!!
下間 凪沙 崖っぷちの29歳。
本日めでたく彼氏ができました。

けれどその彼は…。

田中 史郎 イケメンオネエの30歳。

彼がトレードマークのジャージを脱ぐとき…
それはオネエから男にスイッチが入る瞬間。


はぁ〜、この恋、前途多難です!!!






ーfinー