無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

❥13
嫌な予感しかしないよ…
凪沙
あの、先生?どちらへ?
アキラ(史郎)
ナイショ
凪沙
えとですね…。
私、勤務時間中なんですけど
アキラ(史郎)
だから?
凪沙
遊んでるのがバレたら編集長に叱られちゃいます
アキラ(史郎)
そんなの適当に誤魔化しなさいよ!
AKIRAの取材に付き合ってたとか。
なんとでも言えるでしょ
ダメだこりゃ…

私の立場で漫画家先生に逆らえる筈はなく、結果。

半ば強引にアキラ先生の車の助手席に乗せられて。

車に揺られて10分ほど。

凪沙
えっ?ここですか?
ほらね。やっぱり嫌な予感的中。

車は携帯ショップの前で停車したのであった。