無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

観覧車
あれ以降心臓が…
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
…ちゃん? めぐちゃん?
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
え?あ、ごめん…。
そろそろ時間だね、最後になんか乗ろっか!
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
じゃあ観覧車乗ろ?
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
…うん。

私たちは観覧車に乗った。
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
めぐちゃん、疲れた?
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
うん、ちょっと疲れたかも〜
((恥ずかしかったなんて言えない…))
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
ごめんね、さっき…。
嫌…だった?(シュン)
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
いやいや、そんなことないよ!
ポッキーもらえたし!
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
(シュン…)
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
よしよし…。 
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
めぐちゃん。
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
あ、ごめん、いやだった?
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
ううん、なんか安心するなーって…。
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
そっか…。 (よしよしよし…)
瑠衣(るい)
瑠衣(るい)
外…綺麗だね。



ちょうど夕日が落ちていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る