無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

気づいてあげられなかった
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
はい。もしもし。
先生。
もしもし、坂田瑠衣くんを預かっているお宅でしょうか?
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
はい。 えっと…どちら様ですか?
先生。
申し遅れました、〇△中学の坂田くんの担任です。 坂田くんがさっき倒れてお迎えに来ていただきたいのですが…。
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
そうなんですか!?
母がいないので代理で私が行きます。
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
走って10分位なので…。急いでいきます。
先生。
わかりました、お待ちしています。



急がなきゃ。
やっぱり体調悪かったんだ…。







なんで気づいてあげられなかったんだろう。