無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

気づいてあげられなかった
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
はい。もしもし。
先生。
もしもし、坂田瑠衣くんを預かっているお宅でしょうか?
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
はい。 えっと…どちら様ですか?
先生。
申し遅れました、〇△中学の坂田くんの担任です。 坂田くんがさっき倒れてお迎えに来ていただきたいのですが…。
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
そうなんですか!?
母がいないので代理で私が行きます。
恵美(めぐみ)
恵美(めぐみ)
走って10分位なので…。急いでいきます。
先生。
わかりました、お待ちしています。



急がなきゃ。
やっぱり体調悪かったんだ…。







なんで気づいてあげられなかったんだろう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 「ポエム」 「嘘つきな僕ら」 「フシギな伏見さん」 更新中です! 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る