無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

一人目【短い】(追加)
______
あぁ…そうだ……

そうだった…


美香は箱の中身を見ながらそう言葉をこぼす。

そしてポツリ、ポツリと言葉をこぼした
あなた

…美香、あなたは……

______
私は…、私の持ち主は香織ちゃん。

美海ちゃんとは小さい頃からの一番の仲良しさんで、何でもお揃いで…二人はホントの姉妹のようだった



美香はそう言うと、目を伏せて香織の事を考えた
______
香織ちゃん…
あぁ…そうよ、私はよく香織ちゃんのお財布に……



美香の嬉しそうな、懐かしそうな微笑みを見て、あなたは確信を得る





そして美香の前に立つと改めて声をかけた
あなた

…美香、あなたの本当の姿は……

______
…うんっ

私の、……っ私の本当の姿は…















___【キーホルダー】___







美香がそう呟いた刹那



______
!?…
あなた



美香の持っている箱の中身のキーホルダーが、小さな金色のコインへと変わった