無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

一人目
あなた

それじゃあまずは貴方の名前よ

______
あっ…

少女は己の名前が分からないことを思い出し、またもや小さく目を伏せる

だがそんな少女を見て、あなたは優しく話し始めた
あなた

まずはね、う〜ん……あっ

あなたは少女の持ち物に目をつけた
あなた

それ

______
あなた

あなたの持ってるそのリュック
少し中を見せてくれない?

______
うん、どうぞ。
あなたは少女のリュックの中身を確認する。


中には二人の女の子が仲良さげに写ってる写真が入っていた
あなた

!…この子、君に似てるね

______

写真の中の片方の少女は、目の前の少女より髪が伸びていて、おさげ姿で可愛らしい笑顔で笑っていた

______
ホントだ…
あなた

ん〜、…あっ

あなたは写真を裏返すと、日付と名前と小さな文があることに気付いた


20☓☓年 3月 15日

香織、美海



お揃い仲良し!


______
……
あなた

ん〜…どっちが美海ちゃんで香織ちゃんなのかな…

______
…多分、こっちが香織ちゃん
あなた

少女がパッと答えたことにあなたは驚いたと同時に小さく笑った。


恐らく忘れている記憶の一部が蘇ったのだろう
あなた

オッケェ!オッケェ!

ん〜…じゃあ、とりあえず貴方の名前は二人から取って「美香」、でもいい?

______
!…うんっ!
少女…美香は嬉しそうに笑った