第28話

27
567
2022/08/07 16:02
資料室はあまり入らないからほこりっぽい

まずは掃除から始めることにして

窓ガラスを勢いよく開けた

ファイルに入りきっていない

乱雑に置かれた紙を崩さないように

気をつけながら掃除を始めた


「あ、」


掃除が終わってファイリングをしようとした時

肝心のファイルを忘れたことに気づいた

資料室から急いで出て

ファイルを取りに行ったとき

ドンッと正面衝突してしまった


ラウ「わぁぁぁ!あなたさんすいません」


「私こそごめんね」


ラウちゃんは私が転ばないように支えてくれ

そのままどこかへ歩いて行ってしまった


「あっち何もないけどな・・・」


まあいいかとファイルを持って元に戻る


「あれ?亮平どうしたの」


亮平「手伝いにきた」


亮平は穴開けパンチを片手に

すでに何枚か資料をまとめてくれていた


「ねぇ、ラウちゃんがさ」


亮平「ラウール?」


「うん、施設の北側に歩いてったんだけどなんかあったっけ?」


亮平「えー、あなたが知らないなら俺が知ってるわけないじゃん」


「そうだよねぇ」


亮平「手動かさないと一生終わらないよ」


「ごめんごめん」


ラウちゃんの行動が気になったけど

今は資料を片付けないと

資料室の住人になってしまうので

手を動かし始めた