無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第3話 また縮まる距離
ここまでのあらすじ
気持ちのすれ違いがおきたよ!






家に帰った私は、直ぐにベットにとびこんだ。
あなた

((ああ、もうなんなの?急に仲良くなったと思ったらキヨが急にさめちゃって、いやでも私のせいでもあるか…。はあ~それにしても月曜日気まずいなぁ。学校行きたくないよ。行くしかないけど。

キヨ視点
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
((はあ~。終わった。絶対あなたとなか悪くなっちゃったよ。せっかく仲良くなったのと思ったのに。やっぱ調子のってたのかな。俺。はあ~~。最悪だよー。しかたのないことだけど。やっぱあなたは、たかねのはなだよ。月曜日また、あうのか。当たり前だけど。行きたくね~。学校。
あなた視点
月曜日になりました。
あなた

((あぁぁぁ。学校だあーー。やだよー。キヨと気まずいよー。でも行くしかないよー。

そんなことを思いながら学校に着きました。
自分のクラスにきました。
あなた

おはよー!

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
あっあなた!おっはよー!
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
おはよう!あなたちゃん。
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……………………あなた。おはよ。
あなた

(・д・ = ・д・)キョロキョロ((あ。キヨもう居る!

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
どうしたー?あなた
あなた

え?ああ、なんでもなーい!

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
ほんとー?
あなた

うん。ほんと。

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
怪しいなー
あなた

ほ、ほんとだよー!

あなた

ほら!授業始まるよ!

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
!!ほんとだ。じゃあご飯食べる時間また話そー!
あなた

おっけー!

あなた

((ふぅあぶなかったー。柚花にばれたらなにされっか分かんないよー。

鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
授業始めるぞー。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
今日の日直は……あなただな。号令頼む。
あなた

あっ、はい。起立。これから1時限目を始めます。礼。着席。

鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
はい。今日は、もうすぐ文化祭があるのでクラスでやることを決めたいと思う。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
で、学級委員長に進行を任せようとおもったんだが、たまたま欠席なので先生が進めます。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
まず、実行委員を二人決めたいと思う。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
立候補いるか。
クラスのみんな「…………………」
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
いないのか。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
じゃあ、推薦。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
はいはいはーい!
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
斎藤。はいは、一回だ。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
はーい。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
斎藤。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
はい。私が推薦するのは、佐々木さんです!理由は、佐々木さんは真面目だし、みんなをまとめる力もあるとおもうからです!
あなた

((わっ私!?

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
は、はい。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
山田。
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
わ、私も佐々木さんを推薦します。なぜなら、自分の役目をしっかりと果たせるからです。
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……はい。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
桜井。
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……私も佐々木さんを推薦します。……理由は、頼りになると思うからです。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
他に推薦いないのか。
只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
はい!
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
只野。
只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
僕は、清川君を推薦します!理由は、えーと何事にも努力を尽くすし、最後まで熱心に取り組んでくれると思うからです!
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
いまのところ佐々木に3票、清川に1票だが、他に推薦する人は、いるか。
クラスのみんな「………………………」
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
じゃあ、佐々木と清川になるがいいか?佐々木と清川。
あなた

は、はい。私は良いです!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
お、俺も良いです。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
じゃあ決まりだな。
あなた

((やった!また、キヨと仲良くなれるチャンス!

鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
じゃあ佐々木と清川。進行を頼む。
あなた

はい!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
はい!
あなた

こそこそ…き、キヨ?私進行してもいい?

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
こそこそ……いいよ。てか、お願い。
あなた

こそこそ…わかった。

鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
ほら、早く進行しろ。
あなた

す、すみません!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
すみません。
あなた

え、えっと。では、まず二分ほど時間をとりますので自分がやりたいことを考えて下さい。そのあと一人ずつ言ってもらいます。

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
ちなみに一応言っておきますが去年やったものは、お化け屋敷です。
あなた

では、二分とります。考えて下さい。

二分後…
あなた

みなさん決まりましたか?では、前の列の只野君からおねがいします。

只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
はい。僕は、作品展がいいと思います。理由は、楽そうだからです。
二列目……
あなた

次、斎藤さん。

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
はーい!私は、カフェがいいと思います!理由は、楽しそうだからです!
三列目……
あなた

次、山田さん。

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
は、はい!わわ、私は、ご飯屋さんがいいと思います。理由は、大人になって役に立つと思うからです。
四列目……
あなた

次、桜井さん。

桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
………はい。私は、いろいろなものを体験できるお店がいいと思います。理由は、とくにないです。
あなた

((最後は私たちか。

あなた

えっと、私は劇がいいと思います。理由は、みんなで、心を一つにして、最高のものをつくりあげたいからです。

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
俺は、ご飯屋さんがいいと思います。理由は、コミュニケーションを沢山とれてためになると思うからです。
あなた

……みなさんの意見をまとめた結果、劇が九票、ご飯屋さんが七票、カフェが五票、いろいろな体験ができるお店が三票、作品展が五票になりました。

あなた

((9+7+5+3+5=29だから、このクラスは、全員で30人。学級委員長が休みで-1だから、ちょうどだね。

あなた

今日は、学級委員長が休みなので一票たりないですが、どちらにせよ劇が一番多かったので劇でいいですか?

クラスのみんな「いいでーす。」
あなた

では、次になんの劇が良いか、また、二分間とります。二分後になんの劇がいいかつぎは、手を挙げて言ってください。では、二分とります。

二分後…
あなた

二分たちました。それでは、意見がある人は手を挙げてください。

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
はい!
あなた

斎藤さん。どうぞ。

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
私は、眠れる森の美女がいいと思います。
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
………………はい。
あなた

桜井さん。どうぞ。

桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
私も、眠れる森の美女がいいと思います。
只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
はい!
あなた

只野君。どうぞ。

只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
僕は、ど定番のシンデレラがいいと思います。
あなた

他にいないですか。

クラスのみんな「……………」
あなた

じゃあ意見の多かった眠れる森の美女します。みなさん良いですか?

クラスのみんな「いいでーす。」
あなた

それでは、役割などは私と清川君の二人で今日考えるので明日発表して、それぞれかの役を決めたいと思います。

あなた

起立。これで1時限目を終わります。礼。着席。

四時限目までおわり、ご飯を食べる時間。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
あなた!一緒に食べるよー!
あなた

はいはい。

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
ほら!京子と珠稀も!
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
ちょっと待ってて今いくね。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
うん!珠稀は?
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
………今行く。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
おっけー!
四人揃い、お弁当を食べ始める。
あなた

なんでみんなして私を実行委員に推薦してきたのー?

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
いいじゃんべつにー。
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
あなたちゃんにぴったりの仕事だと思って、いやだった?
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
なんとなく。
あなた

いや、べつにいやじゃないんだけどさ?なんでかなーと思って。

四人で楽しくおしゃべりしながらお弁当を食べた。
キヨ視点
只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
拓哉ー!一緒に食べようぜ?
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
いいぜ。
 模武と喋りながら飯を食う。
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
なんでお前俺推薦してきたんだよ!
只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
え~。なんとなく?Wまぁいいじゃんいいじゃん。
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
良いけど…
模武と話しながら食った。
あなた視点
そして、勉強が終わり放課後。
あなた

キヨー。文化祭の話し合いするよ!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
おっけー。今そっち行くわ。
そして、普通に役割決めをする。
あなた

この役も必要じゃない?

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
あ、確かに。
話し合いが終わる。
私は、思いきってあの日のことを言った。
あなた

あ、あのさ。この前の話しなんだけどなんか最後変なさ、雰囲気になっちゃったじゃん?なんか、ごめんね。

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
い、いや。あなたが謝ることじゃないよ!俺こそなんかごめん。
あなた

ふふ。なんか私たちしてることなんかおかしくない?ww

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
確かにw
あなた

もうあの日のこと考えるのやめよ?w

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
そうだね。そうしよ。
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
じ、じゃあさ。LINE交換しない?
あなた

うん。いいよ。しよ!

ピロン♪
私とキヨは、LINEを交換した。
あなた

これで、実行委員のこととかいつでも話せるね!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
そうだね。
あなた

あ、もうこんな時間!先生に早く帰れって言われちゃう!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
ほんとだ!
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
あなた?途中まで一緒に帰ろうぜ!
あなた

いいよ。

私とキヨは、楽しくおしゃべりしながら校門まで行く。
あなた

私こっちだから。ばいばい!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
俺こっち。って知ってるかwじゃあな!
私は、家に帰り、やることを済ますとベットに行った。そして、LINEをみた。LINEには、キヨから
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
「おやすみ!明日また進行あなたよろしく!」(LINE)
と、きていた。
私は、
あなた

「おっけー。わかった。おやすみ!」(LINE)

と、送っといた。
そして、眠りについた。
-------★☆★☆★☆★------
作者
作者
はいっと言うわけで今回は、ザ・ありきたりな感じのはなしでした!
作者
作者
いいわすれていましたが、人物紹介は、その人物のアイコンをタップしていただくと、簡単な人物紹介が書いてあります!
作者
作者
今回のお話は、他の2話よりも長かったですかね?とりあえず、ここまで読んでいただきありがとうございました。それでは、また第4話でお会いしましょう。さようなら!
作者
作者
ついしん
主人公のあなたの人物紹介だけ書いてないので載せます。
作者
作者
佐々木あなた(ささき)。
この物語の主人公。大学二年生。真面目で優しい。背は、低く、顔は美人。たいけいもスリムで、胸もそこそこある。運動神経は、まあまあ。頭は、良い。まさにパーフェクト。