無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第7話 ついに本番!
ここまでのあらすじ
劇の練習をしてその後キヨの家に行ったよ!
あなた

((今日は、文化祭!劇の本番か〜。緊張するなぁ

自分のクラスに着きました。
ガラッ(ドアを開ける音)
あなた

おはよーー!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
おっあなたおはよー!
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
あなたーおっはよー
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
おはようあなたちゃん
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
………あなたおはよ
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
あなた〜今日はついに本番だねっ!
あなた

そうだねー

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
き、緊張するぅぅ
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……京子落ち着いて
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
そんなに緊張しなくてもだいじょうぶだよー
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
う、うん。ありがとう
あなた

あっ先生くるよ!

バタバタ……
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
みなさん今日は、文化祭です。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
これまで準備してきた事をすべて発揮しましょう。
鎌田先生(かまだ せんせい)
鎌田先生(かまだ せんせい)
また、文化祭だからと言ってあまり浮かれないように。
クラス全員「はーい」
あなた

それじゃ体育館に移動しよっか。

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
そーだねっ
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
うん。行こう
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
………行こ。
あなた

キヨも一緒に行こー!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
ん?え?おう!いいのか?
あなた

いいよね?柚花、京子、珠稀?

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
いーよー
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
う、うん。
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
みんながいいなら。
あなた

三人ともいいってー!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
わかったーそっち行くー
あなた

………………

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
っと、んじゃ行くか。
あなた

うん。

体育館に着きました。
あなた

じゃあみんなそれぞれで準備しよっか!がんばってね!

斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
おっけー!がんばろ!
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……あなたもがんばって。
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
わ、私、がんばるね!
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
あなたこそがんばれよ?
みんな準備がおわりました。
アナウンス「次は、2年B組による劇、眠れる森の美女です。」
ブザー「ブーーー」
カラカラカラ(幕が開く音)
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
ある所にあかちゃんが授からないことを悲しむ、王様とおきさきさまがいました。
おきさきさま「どうか、あかちゃんが産まれますように。」
ナレーション2「願うことは、このことばかり。」
ナレーション3「ようやく、願いが叶って、おうじょが産まれると、盛大なお祝いの会を開きました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
お祝いの会では、招かれた七人の妖精が、おうじょに魔法の贈り物をしていきました。妖精の言葉は、本当になるのです。
妖精1「世界一美しくなるでしょう。」
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
とびきり優しい心をもつでしょう。
妖精3「あたまがすごく良くなるでしょう。」
妖精4「とてもダンスが上手になるでしょう。」
妖精5「世界中の人から愛されるでしょう。」
妖精6「好奇心旺盛な子になるでしょう。」
ナレーション2「六人の妖精が言い終わった所で、年老いた妖精が入って来ました。」
年老いた妖精「私だけ招かないとは、失礼な。おうじょは糸車に刺さって死ぬだろう。」
ナレーション3「恐ろしい呪いに皆が震え上がりました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
そのとき!すんだ声が響きました。
妖精7「いいえ!」
ナレーション2「立ち上がったのは、七人目の妖精でした。」
妖精7「おうじょさまは糸車に刺さっても、眠るだけです。100年後に王子様が来て、目覚めさせてくれるでしょう。」
ナレーション3「心配した王様は、国中におふれをだしました。」
王様「全ての糸車を焼き捨てよ。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
おうじょはすくすく育ち、15歳になりました。
ナレーション2「王様とおきさきさまが出かけている時、おうじょはふと思いつきました。」
あなた

そうだ。お城を探検してみましょう。

ナレーション3「一人でいくつもの部屋を覗いてまわるうちに、屋根裏部屋をみつけました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
屋根裏部屋では、お婆さんが糸車で糸をつむいでいました。
ナレーション2「そう。たったひとつだけ、糸車が残っていたのです。」
ナレーション3「初めて見る糸車に、おうじょはワクワクしました。」
あなた

何をしているんですか?

お婆さん(年老いた妖精)「糸をつむいでいるのですよ。」
あなた

私もやってみたいわ。

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
おうじょは糸車をまわそうとして、
あなた

痛い!

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
手を刺して、その場にばったり、倒れてしまいました。
ナレーション2「おうじょが眠りにつくと、城中の者達も皆、眠りにつき、お城はいばらに閉ざされました。」
ナレーション3「お城がいばらに閉ざされ、誰も入れなくなって100年が経ちました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
閉ざされたお城には美しいおうじょが眠っている。
ナレーション2「そんな噂を聞いて、様々な国から王子が来ました。」
ナレーション3「ある国の王子は、つるのとげに刺さり死んでしまい失敗。」
チャレンジ失敗王子1「うわー」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
ある国の王子は、お城の中で迷ってしまい、さまよい続け死んでしまい失敗。
チャレンジ失敗王子2「くっここまでか。」バタリ
ナレーション2「ある国の王子は、食べ物が無くなり死んでしまい失敗。」
只野模武(ただのもぶ)
只野模武(ただのもぶ)
もう、ダメだ……バタリ
ナレーション3「様々な国からくる王子が失敗する中、近くの国の王子がお城にやって来ました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
剣でいばらを突き刺すと、解けて道が開けました。
ナレーション2「王子は、お城に入りました。静まり返った建物に王子の足音だけが響きます。」
ナレーション3「奥へ奥へと入っていくと、綺麗に整えられた部屋がありました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
レースのかかったベッドに、おうじょが眠っています。
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
なんて美しい……
ナレーション2「光り輝くおうじょのかたわらに、ひざまづいたそのときでした。」
ナレーション3「おうじょが目を覚ましたのです!」
あなた

貴方でしたのね。ずっとまっていたんですよ。

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
王子の胸が、トクンと高鳴りました。
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
どうか私と結婚して下さい。
あなた

…はい。

ナレーション2「召使いや料理人達もつぎつぎに目を覚まし、お祝いの準備を始めました。」
ナレーション3「そうして、賑やかになったお城で、結婚式が行われました。」
山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
おうじょと王子は、 誓のキスをし、幸せになりました。
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
チュッ(誓のキス)
あなた

チュッ(誓のキス)

ナレーション2「おしまい」
ブザー「ブーーー」
カラカラカラ(幕が閉まる音)
お客さん達「パチパチパチ」
劇の片付けがおわりました。
斎藤柚花(さいとうゆずか)
斎藤柚花(さいとうゆずか)
終わった〜
あなた

疲れたね〜

山田京子(やまだきょうこ)
山田京子(やまだきょうこ)
緊張したぁぁ
桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……みんな上手だった。
あなた

珠稀ありがとー!珠稀もちゃんと出来てたよ!照明。

桜井珠稀(さくらいたまき)
桜井珠稀(さくらいたまき)
……ありがと
あなた

キヨーー!一緒に出し物まわろー!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
いいぜー!
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
俺の友達も居るけどいいか?
あなた

全然いいよ!たくさんでまわった方が楽しいし!

あなた

私の方も居るし!

キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
キヨ(清川拓哉(きよかわたくや))
おっけー!じゃあよんでくる。
あなた

うん。

-----------★☆★☆★☆★-----------
作者
作者
はいっ。という訳でまず、見てくれている皆様本当にすみませんでした!1週間も休んでしまい申しわけありませんでした。こんな事言ってもただの言い訳に過ぎませんが、学校が忙しく深夜に起きられなかったんです。なるべく毎日更新には、していきたいですがまた、このような事があると思いますので、なにとぞよろしくお願い致します。
作者
作者
前のコメントで劇を飛ばさないで欲しいと言う意見でしたので飛ばしませんでした。
作者
作者
次回は、他の学年などの出し物をまわっていきたいとおもいますが、あるメンバー達が出てきますのでどうぞお楽しみに!
作者
作者
あと、また目のマークのやつ(名前分かんないやつ)が300を突破していました!本当に皆様ありがとうございます。
作者
作者
だらだらと長くなりましたが、それではここまで読んでいただきありがとうございます!また、第8話でお会いしましょう。さようなら!