無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,457
2018/04/05

第3話

Every3
夕姫side
陽姫、あなたはいつも私の大切なもの我先にと奪っていくよね。
そんな、陽姫が私は嫌いだった
私が頑張って近づこうとしてるのになんで?
陽姫はどうして努力もしていないくせに報われるの?どうして?
なんで、、
白内 夕姫
白内 夕姫
赤井さん!
赤井 裕貴
赤井 裕貴
はい?どうしました?
白内 夕姫
白内 夕姫
あの、!
白内 陽姫
白内 陽姫
赤井ー!
ちょっと来てもらえるー!
赤井 裕貴
赤井 裕貴
分かりました、
失礼します(ペコッ
まただ。また。
奪われたよ、
赤井さん。私のことをどう思っていますか?
好きっていってくれませんか?
白内 夕姫
白内 夕姫
陽姫‥
あんたを許さないよ‥
陽姫side
白内 陽姫
白内 陽姫
ね!これど?
私はドレスを赤井にいっかい回って見せる
赤井 裕貴
赤井 裕貴
似合ってるけど大人っぽすきじゃねー?
白内 陽姫
白内 陽姫
そうかしら?
赤井 裕貴
赤井 裕貴
もっとこういうほうが
選び出したのを私の体に合わせる
白内 陽姫
白内 陽姫
素敵ね
赤井 裕貴
赤井 裕貴
だろ?
白内 陽姫
白内 陽姫
ねぇ、私お姉様と話してくるわ
赤井 裕貴
赤井 裕貴
唐突だな。
どうして?話にいくんだ?
白内 陽姫
白内 陽姫
少し、気になることと誤解されてることがあると思うの
それを全部晴らしてくるわ
赤井 裕貴
赤井 裕貴
ま、気がすむまで話してきなよ。
白内 陽姫
白内 陽姫
えぇ、
私は部屋を出てお姉様のところへいく
赤井 裕貴
赤井 裕貴
‥‥‥‥
すこしだけ、悪い予感がする‥
陽姫が危ない気がする‥‥
ーーーーーーーーーーーーー
白内 陽姫
白内 陽姫
お姉様!
白内 夕姫
白内 夕姫
あ、陽姫。
どうしたの?
白内 陽姫
白内 陽姫
少し、外にいって話をしませんか?
白内 夕姫
白内 夕姫
‥‥‥えぇ、いいわよ
白内 夕姫
白内 夕姫
あそこの、おかのうえいきましょ
白内 陽姫
白内 陽姫
え、でもあそこは、
白内 夕姫
白内 夕姫
私はあそこがいいの。指図しないで
白内 陽姫
白内 陽姫
‥分かったわ。
私たちは丘の上へいった
丘の上は危なかった。丘の下は森林がたくさんはえていて暗くて見えなかった
白内 夕姫
白内 夕姫
それで、話ってなに
白内 陽姫
白内 陽姫
お姉様、赤井のことすきですわよね‥
白内 夕姫
白内 夕姫
だったらなに?
あなたは、私の大切なもの全部奪う!そんなあなたが嫌いなのよ!
白内 陽姫
白内 陽姫
お姉様‥‥違うわ!
奪ってる訳じゃないの!
白内 夕姫
白内 夕姫
じゃ、なに!?
私はあなたより劣ってないのよって見下して!
白内 陽姫
白内 陽姫
違うわ!
白内 夕姫
白内 夕姫
もうなんなの、陽姫何て消えちゃえ!
ドンッ!
白内 陽姫
白内 陽姫
!!
私の体は宙に浮いた
お姉様の顔がどんどん見えなくなる。

白内 陽姫
白内 陽姫
あ、かい‥