無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,423
2021/10/01

第15話

ygje 続き
※前回の続き

髙地said
髙地優吾
髙地優吾
下は素直なんですけどねーw
ジェシー
ジェシー
言わないでっ////
髙地優吾
髙地優吾
ほら、指入れるね、ズブッ
ジェシー
ジェシー
んあッッ///
髙地優吾
髙地優吾
どこかな、、ジェシーの良い所、
そう言いながらジェシーの中で指をバラバラに動かす







いつもジェシーがするように、感じてもらえるように、
ジェシー
ジェシー
んッ、、、んあッ//あっあッ////
髙地優吾
髙地優吾
ん、ここかな?ツンツン
ジェシー
ジェシー
んひゃッ////ビクッ
髙地優吾
髙地優吾
ここか、wグチュグチュコリッ
ジェシーの良い所ばっかり触る俺と、








ただただ感じて喘ぐジェシー、
ジェシー
ジェシー
そこッばっかッ////〜〜〜///
髙地優吾
髙地優吾
いった、?可愛いね、w
ジェシー
ジェシー
//////
髙地優吾
髙地優吾
よし、いれるね、?
ジェシー
ジェシー
う、うん、、
明らかに声のトーンが下がるジェシー、顔を見れば








不安と怖さで染まってる、そっか、初めてなのか、







俺はジェシーの不安を無くすように、そっとキスをして
髙地優吾
髙地優吾
大丈夫、俺の顔を見て、それでも怖いなら、
髙地優吾
髙地優吾
俺の首に手を回してていいよ
ジェシー
ジェシー
うん、
俺はジェシーの穴にゆっくりゆっくりいれる










初めてやった日のことを思い出しながら、








初めてで怖がってた俺にゆっくり優しくいれてくれたように







俺もジェシーの顔を見て、優しく、ゆっくりいれ、







ゆっくりゆっくり、動き出す、
ジェシー
ジェシー
ふッ//んッ////んあッ//あっあッ///
感じてくれてるらしくいつもは聞けない声をだすジェシー









俺は少しずつ、動きを早めた
髙地優吾
髙地優吾
バチュンパチュンパンッパンッパンッパンッ
ジェシー
ジェシー
んあッ///あッッッ///んッ、、、はッ/////ビクビクビク
髙地優吾
髙地優吾
いったんだねッ、バチュンパチュンパンッパンッ
ジェシー
ジェシー
んあッッッ////いった、ばっかッ////
部屋に響くのは俺とジェシーの体がぶつかりあう音と







滅多に聞けないジェシーの甘い甘い声、







ジェシーのその声だけで興奮する俺はジェシーのトリコ







俺はただ無我夢中で腰を振り続ける
ジェシー
ジェシー
んあッッ///んひゃッ///んッ///いくッ、いっちゃッ
髙地優吾
髙地優吾
俺もッ////いくッ///
ジェシー
ジェシー
ビクビクビク
髙地優吾
髙地優吾
ビュルビュルビュル
ジェシー
ジェシー
はぁはぁはぁ、、
髙地優吾
髙地優吾
ジェシー大丈夫?
ジェシー
ジェシー
だい、じょう、ぶ、はぁはぁはぁ、
髙地優吾
髙地優吾
(頭を撫でる)激しかった?ごめんね、?
ジェシー
ジェシー
本当だよ、激しくて、、きつかった、、
髙地優吾
髙地優吾
ご、ごめん、
ジェシー
ジェシー
ギュ
髙地優吾
髙地優吾
うわっ
ジェシー
ジェシー
恥ずかしかった、、
髙地優吾
髙地優吾
でも、可愛かったよ?
ジェシー
ジェシー
///初めて、こーちで良かったかも、
髙地優吾
髙地優吾
へへっ、言ったでしょ?俺だって出来るって
ジェシー
ジェシー
うん、、すっごくかっこよかったよ?
髙地優吾
髙地優吾
//////
ジェシー
ジェシー
んへへ、
髙地優吾
髙地優吾
へへっ
ジェシー
ジェシー
たまに、逆でもいいかもね、
髙地優吾
髙地優吾
まぁ、、そーだね、
〈後日〉
田中樹
田中樹
どーだった?効き目すごかったでしょ?
髙地優吾
髙地優吾
うん、びっくりしちゃった、
松村北斗
松村北斗
あ、こーち!!!お前のせいで、、ウッ
髙地優吾
髙地優吾
あ、、もしかして、、
田中樹
田中樹
はははっw
松村北斗
松村北斗
気絶するまでとことんヤられて、腰死んだ、
田中樹
田中樹
昨日のプレイは良かったでしょ?
松村北斗
松村北斗
恥ずかしいだけだって、あんなのっ!
ジェシー
ジェシー
樹!!次だってさ!!
田中樹
田中樹
はーい(行く)
松村北斗
松村北斗
ったく、、あいつめ、、
髙地優吾
髙地優吾
やり返せば?俺みたいに、
松村北斗
松村北斗
びっくりした、耳元でしゃべんな、って、
松村北斗
松村北斗
は?
髙地優吾
髙地優吾
昨日の残ってるから、ほら、あげるよ
松村北斗
松村北斗
んぇ、うん、、が、頑張る、?