無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,127
2021/10/01

第14話

ygje 俺だって
髙地said


どーも!!こんにちは?こんばんわ?







髙地優吾でーす!!今日はね、あることをします







実はですね、俺、メンバーのジェシーと付き合ってるんです






まぁ、、夜の行為もやってるわけで、、、







でも、いつも俺が受けなんですよね、何ででしょうか、






身長が高いのは否めないけど、年上ですから!!






て事で、今日は俺が攻めます!負けないから、
ジェシー
ジェシー
お風呂上がったよー
髙地優吾
髙地優吾
はい、これ水ねー
ジェシー
ジェシー
ありがとーゴクゴクゴク
髙地優吾
髙地優吾
ニヤじゃ、お風呂はいってきま~す
ジェシー
ジェシー
ん、はーい!
ジェシーが飲んださっきの水、実はですね、
松村北斗
松村北斗
何?急に
田中樹
田中樹
襲いたい?wこーちが?
髙地優吾
髙地優吾
馬鹿しないでよ、本気だよ、
田中樹
田中樹
あwこれ、めっちゃいいよ、
松村北斗
松村北斗
あ、おまっ、それっ
田中樹
田中樹
めっちゃ感度あがるし、力入らないからw
髙地優吾
髙地優吾
抵抗出来なかったんだ、w
松村北斗
松村北斗
////////
髙地優吾
髙地優吾
樹、北斗、ありがとね~
田中樹
田中樹
ん、頑張れよー
松村北斗
松村北斗
お、応援してる、
て事がありまして、、、まぁ、、








北斗の実体験があるみたいなんで、大丈夫ですね、








あ、中身はもちろん媚薬だよ?w←ドS、







そろそろ、あがろっかな、
髙地優吾
髙地優吾
あがった、、よ?
ジェシー
ジェシー
はぁはぁはぁ、、こち、
目と前にいるのは本当にジェシーでしょうか、







目は潤んでて、頬は少し赤く染まってる、







可愛い、、いつものジェシーじゃないな、、
髙地優吾
髙地優吾
ジェシー?どーした?
ジェシー
ジェシー
ドサッ
髙地優吾
髙地優吾
うわっ
ジェシー
ジェシー
ヤろ、?
髙地優吾
髙地優吾
いいよ、
一生懸命俺の服を脱がそうってしてるんですけど、







力が入らないらしく、悪戦苦闘してるジェシー
ジェシー
ジェシー
ごめっ、こーち自分で脱いで、?
髙地優吾
髙地優吾
いや
ジェシー
ジェシー
え、?
髙地優吾
髙地優吾
クルッ
ジェシー
ジェシー
んぇ?
髙地優吾
髙地優吾
今日は、俺が攻めるね、
ジェシー
ジェシー
出来るの?
髙地優吾
髙地優吾
あのね、俺だって男だから、出来るし
ジェシー
ジェシー
はぁはぁはぁ、、こーち、、きついっ、、
髙地優吾
髙地優吾
チュックチュクチュクチュクチュ
俺がキスすると、一生懸命ついてくるジェシー








苦しくなったのか、口を開けた途端に、ジェシーの口の中を犯す







舌を絡めいつもジェシーがするように、
ジェシー
ジェシー
ふッ////んぅ////ふぁッ///
少しだけ聞こえるジェシーの声に新鮮さを感じながら








長く深いキスをジェシーに落としていく







トントントンって背中を叩かれて俺はやっとキスをやめる
ジェシー
ジェシー
はぁはぁはぁ、、長いよ、、こーち、
髙地優吾
髙地優吾
だって、可愛かったんだもん、
ジェシー
ジェシー
//////バカ、
髙地優吾
髙地優吾
気持ちよかったでしょ?w
ジェシー
ジェシー
知らないもんね、プイッ
ジェシー
ジェシー
んひゃぁッ////
髙地優吾
髙地優吾
下は素直なんですけどねーw
続く♡(((きっしょ、